ピースボート第94回クルーズの寄港地を大解剖!

12月18日(日)、来年4月に出航する94回クルーズで訪れる寄港地紹介イベントが行われました。

94回クルーズで訪れる寄港地の数は23!!時間の関係で割愛した場所もありますが、オススメのツアーと自由行動しやすい港を紹介。

が…わたし自身、94回クルーズの見どころの一つでもある北欧は未経験。地球2周を経験していますが、94回クルーズで行ったことがある港はたったの4つ…

これは困った。私1人じゃツアーもオススメできない!!

ということで、私と同じように地球一周を経験している5名のゲストスピーカー(ピースボートスタッフ)を招いて、体験談形式で魅力あふれる94回クルーズの見どころをお話ししてもらいました☆

img_7485

img_7484

これぞピースボート!地球一周経験者が語るオススメツアー

※実際のツアー名称とは異なります

  • タイ:カンボジアの地雷検証ツアー
  • スリランカ:子どもたちとの交流コース
  • ギリシア:負の世界遺産アウシュヴィッツを訪れる
  • デンマーク:デンマークの教育を学ぶ
  • ロシア:ロシアの若者と交流
  • スウェーデン:スウェーデンの環境教育現場を訪れる
  • アイスランド:アイスランドのエネルギー事情を学ぶ
  • ベネズエラ:奇跡の音楽団体「エルシステマ」の魅力に迫る
  • パナマ:先住民族の村を訪ねて/先住民族クナ族の文化体験
  • エルサルバドル:日本語を学ぶ学生宅にホームステイ体験

特にピースボートらしいのが、現地の子どもたちや若者との交流ツアー。そして、教育や環境問題に力を入れている北欧地域ならではの、教育・環境関連のツアーもオススメ。

今回紹介してくれたツアーは、スタッフそれぞれが参加者として地球一周に乗船したときに行ったツアーなので、体験そのままをリアルな声で伝えてくれました。

パナマ先住民族の文化体験
パナマ先住民族を訪ねるツアーは毎回大人気!

もちろん自由行動もできる!

ツアーをとらない港は自由行動で。そんな自由行動の経験を話してくれたスタッフも。

バルト3国のうちの2つ、ラトビア(港名:リガ)とエストニア(港名:タリン)は、ピースボートで訪れるのは実に2回目という貴重な港。旧市街が世界遺産に登録されており、中世の街並みがそのまま残っているこれらの街散策も楽しみ(^^)

%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%b3
エストニア:タリン

フィンランドでマリメッコショッピングツアーを自分で企画し、マリメッコグッズの買い物に時間を費やしすぎたというスタッフも。笑

マリメッコの社員食堂らしい!
マリメッコの社員食堂らしい!

買い物好きの人にとってはかわいらしい北欧雑貨を巡る旅もいいですね♪

企画のあとは、同じクルーズに乗る人たちとの交流会も。寄港地にちなんだ料理とお酒を片手に、おしゃべりが続きました。

今日の企画が、ツアー選びや自由行動の参考になっていれば嬉しいです!

img_7482

Peaceboat**Rei