旅して見えた武士道流の平和学

京都で平和を求めて活動をしている浜村知成さんは、子どものころから平和について考え、世界各地を旅してきました。現在は食・文化・武士道をテーマにした「 士心 サムライレストラン 」を経営しています。「無条件の愛をもってすれば戦争はなくなる」をモットーに様々なワークショップも行ってきました。

今回はそんな浜村さんが海外で学んできた平和学と、世界の旅先で見つけた今の時代を生きるヒントについてお話しいただきます。「武士道とは、今生きている奇跡を感じ不安を取り除くこと」「この宇宙で無関係なものなんてない」という浜村さんの平和をつくり出す方法をうかがいます。

イベント概要

旅して見えた武士道流の平和学
日時:2020年2月26日 20:00~21:30(開場19:30)
場所:ピースボートセンターおおさか
講師:浜村知成さん(ユニバーサルピース株式会社代表取締役)
参加費:500円
予約:NGOピースボートイベントページより予約をお願いします→こちら

浜村知成(はまむらともなり)さん プロフィール

ユニバーサルピース株式会社代表取締役。小学四年生から「なんで戦争はなくならないのか」という問いを持ち、世界平和を人生のテーマとする。高校時代は「平和について」という題で弁論大会に出場し、地球が一つになる必要性を訴える。大学時代は、持続可能な世界の実現のため環境経済学を専攻し、戦争と環境破壊について研究。英国ブラッドフォード大学平和学部大学院へ進学し、国連の限界と世界連邦政府の可能性について修士論文でまとめあげる。卒業後、そのままユーラシア大陸やアメリカ大陸を横断。帰国後は東京での商社勤務を経験し、ソーシャルビジネスを学ぶためにノーベル平和賞を受賞したバングラデシュのグラミン銀行が行う様々なソーシャルビジネスを視察。
これまでの経験を活かしてビジネスによる平和の創出を目指すユニバーサルピース株式会社を立ち上げる。戦争の最初の原因である「食」、戦争を予防する力のある「文化」、平和を究極の理想とする「武士道」の三つを掛け合わせ、志ある人々が集う「士心 サムライレストラン」を創立。2016年に世界最大の口コミサイトで「外国人に人気の日本のレストラン2016」全国8位にランクイン。
現在、同志社大学総合政策科学部ソーシャルイノベーションコース博士課程後期に在籍中。

「 士心 サムライレストラン 」ホームページ