12/10【世界を学ぼう】難民とともに開く未来

イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

みなさん、難民というとどのような人をイメージしますか?日本に難民として逃れて来た人たちの中には、大学を卒業し、その地域でエンジニアや起業家として仕事をしていた人も多くいますが、日本では才能や意欲を活かす機会に恵まれません。このような中、高いスキルを持つ申請者と日本の企業をつなげることで、本人にも日本社会にも新たな価値を生み出せると考え、活動を行っている団体がWELgeeです。

今回、「逆境を乗り越えてきたスキルを持つ難民を雇用することは、企業の未来にもつながる」と話すWELgeeの玉利ドーラさんを迎え、難民として日本に逃れて来た人が日本の中で活躍する場作りについて、お話いただきます。

スピーカー プロフィール


玉利ドーラ(タマリドーラ)さん
NPO法人WELgee研修事業部統括。1988年、クロアチア共和国生まれ。ロンドン大学大学院ユニバーシティカレッジ心理学・脳科学専攻。「社会認識」修士課程修了。日本人の母とクロアチア人の父を持つ。高校在学中から自分で給付型奨学金を探し、一人で世界計8ヶ国、島や船に長期滞在し、幅広い国籍、年代、職種の人々と共に住み、学び、働く。国籍は「地球人」、性格は「自由人」。自らの難民の背景も活かし、現在は西洋文化と日本文化のナヴィゲーターをしながらNPO法人WELgeeで難民向け研修の研究、開発、実施に携わっている。より多くの人たちが異文化の壁を乗り越えて分かり合える世界を作ることを目指す。

イベント概要

【開催日時】
2020年12月10日 (木) 19:00-20:15

【参加費】
無料(先着順、95名まで)

【参加方法】
以下の参加申し込みより、登録をお願いいたします。

参加申し込みはこちらから

登録した際にその方専用の参加URLがZoomより送られますので、お時間になりましたら、送られて来たURLからご参加ください。またキャンセルされる場合も送られてくるメールの手順に沿ってキャンセル処理をお願いいたします。
お問い合わせはevent(a)peaceboat.gr.jpまでメールにてご連絡ください。※(a)は@に書き換えてください。

※このオンライン勉強会は「Zoom」を使用して行います。開始までにZoomアプリをインストールしておいてください。